Home > アジア | 中国 | 東興(ドンシン) > ギャンブルの町

ギャンブルの町

東興を散歩する。
川沿いは寂れた感じだったけど、少し足を伸ばすと、随分街の雰囲気は違っていた。

メイン通りには、ホテルや商店が並んでいる。大きな市場もあって、家電から食材まで商品は豊富だ。
交易が盛んなのか、物資を輸送しているトラックやリキシャを良く見かける。完全に積載量オーバーで危なっかしい。

看板などの表示は、中国語とベトナム語の両方で表記してあるところがほとんどだ。



路上にて、サイコロを使った賭け事「大小」に興じる人々

路上にて、サイコロを使った賭け事「大小」に興じる人々


宿に近い、小さな市場に行ってみると、何やら人だかりが…。
覗いてみると、「大小」をやっている。

「大小」とはサイコロを使った賭け事。老若男女が札束片手に熱くなっている。



掛け金は、大体2元~10元くらい

掛け金は、大体2元~10元くらい


ルールは簡単。
サイコロを3つ振って合計が4~10が「小」、11~17が「大」、ゾロ目が出ると親の総取り。数字に賭けることもできる。
当たれば、掛け金が倍になる。見ていると、掛け金は、大体2元~10元くらいのようだ。

ちゅーが資金5元で参戦、○○●○で、10元で終了。5元勝ちw
その5元で、昼食とビールをいただいた。

そういや街角では、いたるところで人だかりができていたりする。
麻雀、カード、中国将棋(?)、大小、ビリヤード……昼間から皆さんギャンブルしまくりだ。
仕事ないのかなぁ…

今度は大きい市場を探検。
つーか市場くらいしか行くところがないw

微妙に鶏売り場を避けつつ、肉コーナーをぶらつく。
肉の塊が、どかっとタイルで出来たテーブルに置かれていたり、吊るされていたりする。もちろん常温。

ふと吊るされている動物の半身に目が行く。羊でもヤギでもウサギでもなさそうな感じ。
あれは…

大きさといい…、後ろ足の感じといい…

どう見ても犬(皮なしハーフ)。

間違いない。

首がついていなかったのが救いだった…。

スポンサーリンク


Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://hibikore.michi93.jp/p202.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
ギャンブルの町 from 世界一周☆ヒビコレミチクサ!

Home > アジア | 中国 | 東興(ドンシン) > ギャンブルの町

Return to page top